ボブ高浜のデカバス野池攻略法 Vol.1:春バス攻略法!
OFT トップページヘ


Vol.1:春バス攻略法!

今年に冬は例年になく暖かい日が続いていますが、私のホームグラウンドである東播、西播地方の野池についても、3月初旬時点で水温5〜6℃前後とまだまだ気温の上昇とは裏腹に、水面下の状況はまだまだ冷たい。

そんな中でも、既に少し暖かい日が続くと浅い野池の中でもちょっとしたくぼみも含めたその池でのディープに隣接したシャローエリアの倒木、岩、リリーパッド等のカバーに沿って、特に水温の上昇する午後を境に気の早いオスのバスの上がりも少しずつ多くなって来ている。

そして、まだまだ個体数は少ない感じであるが、コンディションの良いデカいプリのメスのバスも徐々に越冬場所からステージングエリア近くまで上がって来ています。

最近の傾向では、昔に比べても約1ヵ月近く遅くなっていて、今年についても3月中旬以降から本格的な春のシーズンの動きに入ると思います。



次に、この時期の私なりのキーポイントと釣り方について説明したいと思います。

この時期特に気をつけているのが、風の向き、水の透明度とカバーの有無に気を使います。

何故なら、北風や北西風を伴った冷たい風と、南風を伴った暖かい風とではバスのポジショニングも変わってくる上に、透明度が高ければルアーのバスへの視認性と、太陽光の透過率による水温上昇でルアーへのストライク率も上がる。

逆に透明度が低ければ、ルアーのポーズも長くとったり、遅く引いたり、目立たせてバスの喰うタイミングを作ってやる必要性も出てきます。

カバーについても、急な天候変化にも身を寄せられる障害物の存在でアプローチも変わってきます。

釣り方については、その日の状況をすばやく判断するために、ハードベイトをメインに組み立てます。



この時期の大まかな6つのパターン

1. バイウブギスーパースポットを使ったジャーク&フォールを主体とした、サウンドとリアクションの釣りと、ソナーゲイブレードを使ったメタルのフラッシングとリアクションの釣りで、広範囲を探り見極めるパターン。

バイウブギ

スーパースポット

ソナー

ゲイブレード


2. まだまだバスの動きがスローなのでレンジ、動き、音も含めて、ラトリンログロングAをメインに浮き上がりのスピードとポーズの時間、ダート幅の微妙な違いで釣って行くパターン。

ラトリンログ

ロングA


3. バスのポジショニングの見極めと、カバー周りをバグリー・バルサBシリーズ、キラーBシリーズをメインに、レーベル・ウィーRやコーデル・ビッグOも含めた動き、音、レンジの違いをカバーの中や外で引き比べて、見極めて行くパターン。

バルサB

キラーB

ウィーR

ビッグO


4. 暖かい強風が吹いた時に、風下の波立った面に対しての強い濁りにも強烈にアピールするスピナーベイトのキラキラ感に反応するバスを、ヒルデブラント・ティンローラーのシングルコロラドブーヤ・シングルコロラドなど、振動幅の大きなバイブレーションで、よりスローに引いたり、逆にボリュームの小さなコンパクトスピナーベイトで、喰い方の違い等、状況判断するパターン。

ブーヤ・シングルコロラド


5. 特殊な条件で、私的に多くのビッグバスをもたらしている早春からの、ブーヤ・バズ・ブラックのデッドスローパターン。

ブーヤ・バズ


6. ステージングエリア周りのカバーに付いているバスに、スイミング且つスローにフォールさせて使用する、YUM・スーパークローバグブージグとポークのスイミングとフォールの組み合わせで喰わせるパターン。

スーパークローバグ

ブージグ




以上、この時期の大まかな6つのパターンについて書いてみましたが、色々織り交ぜながらあくまでビッグバスに絞った私なりの考えであり、その方法で実際、写真のように今年に入ってからも順調にデカいバスを釣っています。

少しでもみなさんのバスフィッシングの参考になれば幸いです。