ボブ高浜のデカバス野池攻略法 ルアー編
 Vol.5:YUM F2 マイティーバグ
OFT トップページヘ


Vol.5:YUM F2 マイティーバグ

過去に例を見ない程の猛暑もようやく落ち着いてきた今日この頃ですが、皆さん良い釣り出来ていますか?

まだまだ朝夕と日中の気温差も小さく、例年以上に夏を引きずった感があります。

東播、西播地域の野池についても同様に、ヒシ藻やじゅんさい、蓮等でびっしりと覆われ、まだまだ濃い緑の状態で推移しています。

そんな中、この所、野池のデカバスに好釣果を上げている釣り方の1つを紹介したいと思います。


それは、YUMの新製品「マイティーバグ」を使ったテキサスリグとラバージグによるパターンです。

このワームは、マネークローで実績のあった独特なアーム形状から発する、大きくバタバタと腕を振るスイミングによる波動が特徴のワームです。


アーム

独特なアームが6本もついている特殊なデザインにより、ノーシンカーでの水面バジングが出来たり、落とし込み時には、アームが強烈にアピールしながらフォールします。



このワームを使用してこの所、好釣果を上げている釣り方は・・・

(1)流れ込み沖のヒシ藻やじゅんさい等のヘビーカバーを中心に、ヘビーテキサスで藻穴に落とし込んだり、ヘビーカバーのエッジ部分をライトテキサスで落とし込んだり、カバーの周辺からエッジ及びオープンにバジングで追わせて喰わせるリアクション攻略する方法。

(2)池周辺の浮芝や、沈み芝、蒲、蓮等の変化を中心にテキサスリグでボトムパンピングや中層スイミング、ずる引き等、その日の状況及びバスのポジションを見極めながら静と動のメリハリをつけて攻略する方法。

(3)BOOYAHピッグスキンジグにマイティーバグをトレーラーにして(2)と同様にその日の状況、バスのポジションを見極めながらワーム単体ではないシルエットや波動の違いも考えながら反応の違いを見極めて攻略していく方法。


ピッグスキンジグ&マイティーバグ

以上、YUM マイティーバグによる大まかな3つのパターンについて書いてみましたが、これから秋本番を向かえる中、台風、秋雨前線等、雨や濁り、風向きに伴うベイトフィッシュの動き等、基本的なポイントを踏まえた上で、自分なりの攻略法の1つに加えて頂ければと思います。

今回も最近、特にデカバスに好釣果を上げている釣り方について書いてみましたが、少しでも皆さんのバスフィッシングの参考になれば幸いです。