ヘドン
OFT トップページ



今から59年も前に誕生したタイニータドが今、日本でエリアトラウト用として復活しました。

今もなお通用するウォブロールアクションと、小さいボディーながらも大きなディスプレイスメントを生み出すアクションコンセプトは、ルアー大国アメリカの歴史と実力を見せつけられます。

今回はその往年のアクションをそのままにエリア用としてシングルフックを装着してのリリースです。



使い方
表層狙いの場合

  • 表層で活性が良い時は、水面に浮かばせてドッグウォーク、又は小さな波紋を出す程度のティップ操作で誘います。
  • やっとアクションする速度で水面をゆっくりリトリーブさせ誘います。

水中で誘う場合
  • 水面直下を維持させてリトリーブ。
  • 魚が沈んでいる場合などは、早めの速度でリトリーブさせることにより水深を深く保つことができます。
  • 最高で1m50cm程度迄潜らせることが出来るため、掛け上がりなどにリップをコンタクトさせて魚を誘うことも可能です。
  • ティップアクションを行なう事で、イレギュラーなアクションやリズミカルなアクションを作り出すことが出来ます。


たくさんのアクションや誘いが出来るとともに、ただ巻きだけでも安定したアクションをするため、ビギナーからエキスパートまで幅広くご期待に応えることのできるルアーです。