レイジーアイク
OFT トップページ
レイジー・アイク社は1938年にニューウェル・ダニエル(Newell Daniels)によって設立されたが、1940年にカウッツキー社に吸収されている。

カウッツキー社はハンティング用品などでも有名な会社で、レイジー・アイク社を吸収後に1人のデザイナーを雇い入れる。

1945年まではジグソーを使って板からパターンを切り抜いては削り込んで形にしていたそうだが、供給が需要に追いつかず、自動の削りだしの機械を取り入れることとなった。

そして1960年代に入るとプラスティックへとその素材を変えていった。

■レイジー・アイク社製品の紹介は
 ただいま、準備中です。
 ■IKL3 Mighty Ike マイティーアイク
 ■IKL2 Lazy Ike レイジーアイク