スミスウィック
OFT トップページ




ジルイジアナ州のシュリーブポートという町から、数々の名品を生み出したルアーメーカー、スミスウイック社は生まれた。

スミスウイックといえば、一番に思い浮かべるルアーはラトリンログだろう。このルアーのデビューは1950年代、実に50年以上もの間、形も変わることなく販売されているその完成度の高さには驚きだ。

このルアーは発売当初、実はラトルは入っていなかった。70年代後半に初のラトル入りルアー、コットン・コーデル社のスーパースポットが登場する。このルアーの登場を機に多くのルアーメーカーがラトル入りのルアーを作るが、ミノーに初めてラトルを入れたのはこのログだ。

そして登場したラトリンログはプロをはじめ多くのアングラーにとってなくてはならないルアーとなった。そして時代が経ち、いつのまにかオリジナルログはカタログから消えてしまった。

ラトリンログは今でも多くのプロに愛用されているが、実はアメリカのプロの間ではオリジナルログを探し、シークレットとしてラトル入りとラトルなしのログを使い分けているアングラーもいるほどだ。

ログを使ったことのあるアングラーならこのオリジナルログがどういうアクションを見せてくれるのか期待に胸を膨らませるはずだ。ロッドでアクションを加えてやるとスパッ!と見事なダートを見せる。2段、3段、4段引き、その動き、キレの良さは感動ものだ。

オリジナルログの話をしている時、ジャック・スミスウイック氏は力強く言った「泳ぎのキレはオリジナルログが一番だよ。」と。

そのオリジナルログがまもなく復活する。
「ルアーの命はアクションにあり。」スミスウイック社の社訓とも言えるこの言葉と、ジャック・スミスウイック氏のルアーに対するこだわりを感じられるルアーだ。

そして忘れてはいけないのはそのアクションを引き出すのはアングラー自身だということだ。そしてそこにアメリカンルアーの楽しさがありそれを教えてくれるルアーだ。

ログの秘密
ボディー リップ
ログ独特のデコボコな表面仕上げは水を剥離させることにより予想のつかない不規則なアクションを生む。実に50年以上も前に発明されていたことになるから驚きだ。 ログのリップは後着けで柔らかくペラペラなのが特徴。ログならではの不規則なスライディングアクションの秘密はここにある。