Pockinのソルトウォーター釣行記 Vol.7:スーパーシャーローを攻略せよ!
真夏のデイシューティングゲーム
OFT トップページヘ

Vol.7:スーパーシャーローを攻略せよ!
真夏のデイシューティングゲーム


クリックすると拡大します。

こんな場所-1


こんな場所-2


このサイズが-1


このサイズが-2


このサイズが-3


大満足!

今回は“真夏のロックフィッシュゲーム”です。

私が住む地方では小型ではあるが昼間にロックフィッシュがボッコボコなのです。

しかも、スーパーシャローの足元からカサゴやソイを引きずり出す、そのスリルは一秒たりとも見逃せません。

それを味わうため行ってまいりました・・・

釣り方は、ピッチングやフィリッピングで岩や石の間にテキサスリグやジグリグをキャストしシェイク&ポーズをとりつづける方法だ。

そしてラインシステムは間違って30オーバーが釣れても安心の3ポンドフロロに5ポンドフロロ(約50cm)をリーダーにする。

参考までに(瀬戸内の場合)どんな場所がよいか?は・・・ブレイク近くにロックエリアが点在する所が今までの経験でよい釣果が出ている。

またポイントやエリアによってはカサゴがメインになったりソイがメインになったりとさまざま・・・

私の経験ですとウイード量が多いロックエリアはカサゴの密度が濃く。又、底質が泥状(ウイード量の少ない)のロックエリアはソイの密度が高いような気がします。

そして今回の釣り場はウイード量の少ないロックエリアだ。潮はド干潮から満ちあがりを狙う。海底からシャローの甲殻類をイートしに石づたいにあがってくる彼らを狙う作戦だ。

さあいよいよピッチングを開始し・・・偏光レンズで石の穴や岩の掘れた所を確認しハイピッチでキャストする。

3投目だろうか? スクリュー2.5インチのテキサスが水深約20センチの岩陰で波に揺られながら立っている。すると岩の奥から黒い魚体がその白いボディーめがけて「ガツン!」。

いっきに抜き上げると、20センチくらいのクロソイだ。このゲームの面白さはやはりイートの瞬間が見れるのがなんとも言えない。その後、石や岩を次々と移動しキャストする。

波を利用して石の横をすらしながらホールさせヒットやポーズ中にひったくられたり、活性の低いやつは岩に引っかかって、はなれた瞬間に「ゴン!」ってぐわいに、もうお祭りさわぎ!

もちろんすべてリリースだが私を楽しませてくれた彼らに感謝したい・・・

さわぎすぎてデジカメを海に「ぽちょん!」とやってしまったがトホホ、

気を取り直して
今回のヒットルアーは・・・・

・低活性時には
 ジグリグにリルハスラー(赤白)

・着底ホーズ用に
 テキサス(3.5g)にスクリュー

・波を利用してのホール用に
 テキサス(1.8g)にクラッピークロー

これらが大活躍・・・

ワンキャストでバイトがなくてもしつこくルアーをキャストし続ける事が、シューティングゲームのキモのような気がした今回の釣行でした・・・