Pockinのソルトウォーター釣行記 Vol.21:クランクベイトでメバリング
OFT トップページヘ

Vol.21:クランクベイトでメバリング


みなさん、お久しぶりです。Pockinです。
いよいよシーズンを迎えたメバリングに新しいメソッドのご提案です。

今回のお題は、ボーマーのFat “A"(BO3F)。ご覧の通りクランクベイトです。
メバルにクランク?って、お思いの方が結構いらっしゃると思うのですが・・・
実はクランクでもメバルは釣れちゃいます!!

釣り方は、ファットボディーの浮力を利用した「ライジング」です。
つまり、潜らせてフワフワ〜と浮かせるという動作を繰り返し釣っていくのです。
メバルは高波動を嫌う時がありますが、ある程度強弱のメリハリをきかせてクランクが潜水していく波動を効果的に使っていきます。

そうすると、一度スレたメバルの興味を再度引くことが出来ます。
そして、食わせのキメテは「ライジング」

通常、ジグヘッドリグの食わせではリトリーブアクションの他に止めたり、ロッドをツンツンとさせアクションを加えた後、ちょっとしたフォールでバイトを取ったりします。
それとは異なる「浮く」というアクションで釣っていきます。

メバリングでのクランクアクションの工程は?

(1) メリハリウォブル(リトリーブ) で興味を誘い。
(2) ライジング(浮かせる) で追尾を誘い&リアクションで食わせる。
(3) 水面でポーズ で躊躇しているメバルを食わす。
といった感じです。





高浮力で水を押しながら浮くアクションは、今までのメバリングフィールドであまりアングラーが使っていない場所が多いので、効果が期待できます。

また、メバルにとっても浮くことで獲物が逃げるような錯覚を起こさせ、彼らの狩猟本能をかき立てるように思えます。実際に「強いバイト」を現場ではよく経験しました。

この内容は2年前にも雑誌で紹介したのですが、その後も釣れ続けているので再度ご紹介いたしました。昔、バスフィッシングをやっていた時のシャロークランクを使ったサーフェイスゲームと似ている感じがしています。

これ(Fat “A")でメバルが釣れますか?とOFTさんから聞かれたのが今から約8年前。
そのテストの時、昔バスフィッシングでやっていたこのシャロークランクの釣り方がひらめいた事はいうまでもありません。





で、試してみたら・・・
釣れちゃいました!!!

その後も好釣果をあげ、現在に至ります。

よろしければ是非お試しください。