スモーキー クラリス
OFT トップページ


SMOKY・CLARISが可能にする、新たなメバル戦略。
■戦略1
シャローフラットが広がるエリアの沖、ウイードが切れる辺りではランカーメバルが潜む確立が高い。その遠くのエリアへ確実にルアーを運んでくれる12フィートというロッドレングスが、バイトチャンスをより多く生み出します。また、沖のポイントでランカーメバルを掛けた場合でも、12フィートのロッドレングスとそれを支えるバットパワーで、ウイードの上に素早く浮かせ、ランディングに持ち込むことができます。

■戦略2
「溶岩の突き出た地磯」「足元までぎっしりと繁殖したウイード」「テトラや敷石」これらのエリアでは、ランカーサイズがヒットしても、足元のカバーやストラクチャーに潜られ、ラインブレイクの危険が高まります。クラリスは12フィートの長さと、強靭なバットパワーで、魚に主導権を渡すことなくカバーに潜られる危険を回避することができます。また、このようなポイントに潜むランカーメバルは、特に警戒心が強いためベイトをあまり追わず、鼻先にきたベイトのみにバイトする「居食い」という傾向が強くなります。そんな時にクラリスの12フィートという長さが有利になります。ロッドの長さのラインを出し、カバーやストラクチャーの際へルアーを落とし込み、ボトムをとってリフト&フォールで誘ったり、ウイードに掛けて外す時のリアクションでバイトを誘うハングオフ等、足元の障害物を気にすることなく、メバルの目の前へルアーを送り込めます。

■戦略3
高い防波堤や立ち位置の高い地磯では、ラインに角度が付いてしまい、風の影響を受けやすくなるため、ラインスラックが出て、リトリーブスピードや狙ったレンジをキープすることが難しい。そんな時に12フィートという長さを活かし、ロッドを下向きに構えロッドティップと海面の角度を小さくすることで、風の影響を最小限に抑えることができます。ラインスラックがとれるため、リトリーブスピードやレンジのキープだけでなく、僅かなアタリも感じ取り易くなります。

■戦略4
満潮時の低い防波堤や地磯、サーフ等の立ち位置が海面に近い場所で、シャローフラットを狙う時には、圧倒的な飛距離で広範囲に探れます。また、12フィートの長さでロッドを立ててリトリーブすることにより、ラインに角度を大きく保てるため重めのウエイトでも根掛りのリスクを軽減し、よりスローにリトリーブすることができます。

■戦略5
近年、ハイプレッシャー化が進むメバリングシーンでは、キャロライナリグやダウンショットリグを使う場面が増えています。よりナチュラルなアクションやタイトにレンジを合わせるために、リーダーが長くなり、従来のロッドの長さではキャストが難しい場合があります。クラリスはそんなロングリーダーのリグでも、ウエイトを十分にロッドに乗せてキャストできるので、空中でリグが回転し絡むことが少なく、より遠くへストレス無くキャストすることができます。

このようにCLRISは、今まで取れなかったメバル、諦めてしまっていたメバルを獲ることができます。辻本ナツ雄が充分なテストの裏付けのもと、自信をもってお勧めする新たなメバル戦略「スーパーロングスタイル」が、貴方とメバルとの距離を縮めてくれるでしょう。