スモーキー ギブス
OFT トップページ




ベイトロッドの場合、横風や向かい風でテキサスリグ等をリフティングするとティップ部分のガイドにPEラインが絡むアクシデントがある。数少ない大物からのバイトを取っていくキジハタフィッシングでは、この一瞬のスキも命取りになる事がある。「絡み修復中にバイトがきれ取れなかった」そんな経験から辻本ナツ雄が出した答えが、このスパイラル&LDBガイドシステムです。このガイドシステムのお陰で、微妙なバイトも手元に伝えてくれ、長めに取るリーダーに合わせ、その抜けをよくするガイドシステムになっている。そしてティップが入るファストアクションは、リフティングでの操作性が抜群。重いウエイトのリグでも軽快なロッド操作が可能です。


サスペンドしているキジハタを、ライトテキサスやジグヘッドのスローフォールで狙っていくためのスピニングモデルです。ジグヘッドのスイミングで浮き気味のキジハタをチェックしたり、ベイトロッドでのミスバイトのフォローを行う時に最も重要なのは「乗り」の良さです。ライトリグを一気に持っていくキジハタだが、以外に臆病で違和感があるとすぐに吐き出します。こだわり抜いて辿り着いたブランクスは、魚の重さが加わってからロッドティップが入るレスポンスが良く、気づかれることなくフッキングする事が出来るファストアクションです。その繊細なティップ部からは想像できないくらいのバットパワーを持ち、40upのキジハタを掛けても主導権をアングラー側から魚に渡しません。また、独自のガイドシステムを施し、小さなバイトでも手元に明確に伝える感度を追求しました。持ち重りのしないロッドバランスは長時間のリフティングやリトリーブでも疲れをしりません。そのやめ「キビキビしたジグヘッドのワインディング」や「ノーシンカーリグをジャーク」でというような多彩なアクションを付けやすいのも特徴の一つです。