ヒロ内藤氏“お勧めウエイト&リグ”
OFT トップページヘ
大好評発売中のビデオシリーズ「ルアー・ザ・スピリットVol.7ワーム編
この中でヒロが解説した沈下姿勢、沈下速度。それとワームのスイミング姿勢、着底姿勢。それらを考え、微妙に調整しながら釣っていくときヒロが使うアイテムの一部が入荷しました。

日本ではちょっと見たことないアイテムばかり。どれもワームというルアーの能力を引き出すために考えられたアイテムです。さすがアメリカ。まだまだアメリカには面白いリグがいっぱいあるそうですよ。


アメリカの定番はクローワームとの組み合わせ。
クローワームなどをボトムで直立させたい時に便利な特殊ヘッド。

ヘッド部分が平坦なため、きっちりとボトムで立ちます。

真下に重心があるから意外と根掛りは少ない。

バスを威嚇するザリガニも演出することができます。


この立ち角度がキモ!

ボトムで直立!
▲top

水平フォールにはこれ!
セットも簡単!

フックのシャンクにウエイトがセットされています。ウエイトサイズにより、フォールスピードの調整もできます。脱着が簡単でワームの取替えも素早くできます。

簡単セット方法
フックアイにつけられたワイヤーにワームの頭を通し、フックポイントをボディーに埋めればセット完了。ワイヤーにはバーブがついているのでワームがはずれにくくなっています。

▲top

あのビル・ダンスも愛用!!
通称「バナナウエイト
根がかりにくい棒みたいな形状が特徴。棒状のウエイトは、引く支点が同じアイにすることにより、スリ抜け性能が飛躍的にアップ。

さらにこのウエイトのすごいところはウエイトのヘッド部にバルサ材を使用し、ヘッドが浮き上がることによってさらに根掛りしにくいデザインになっています。

また底との接地面積が小さくなるので地形の変化が把握しやすい。これほどまでに考えられたヘビキャロ用のウエイトはないでしょう。

ヘビキャロにはYUMのゼルマンダーがお勧めです。



▲top


1. シンカーをチューブ内に入れる。
2&3. オフセットフックでシンカーの頭部にある穴に通してリグります。
4. あとは普通にリグるだけ。
チューブワームの中に仕込んでセットできるウエイトにラトル音をプラス。

バレットシンカーよりも引っ掛かりにくくなり、さらに奥までルアーを送り込めます。

さらにシェイクすればラトル音を発生するので音でも広い範囲のバスにアピールすることができます。

ウエイトサイズで沈下速度を調整しよう。



▲top