国際釣り博2004、フィッシングショーOSAKA レポート
OFT トップページヘ
国際釣り博2004、
FISHING SHOW OSAKA 2004 レポート
たくさんのご来場ありがとうございました。

オフトブース(東京)

オフトブース(大阪)その1

オフトブース(大阪)その2

たくさんのご来場ありがとうございます。

プラドコパネルは大人気。

お客さんにルアーの説明を熱心にする内藤さん。

直接、いろいろな質問ができるのがフィッシングショーのいいところ。

今年はこれです。「スミスウイック」

スミスウイックの展示ケース ジャック・スミスウイックからいただいたヨダレもののオールドルアーがぎっしり。

今春復活するオリジナルログ

プラドコ・オフトオリジナル展示ケース。今年も様々なオリカラや復刻アイテムを販売します。

ヒロ内藤氏セミナー 今年も興味深いアメリカンルアーの話が聞けました。

今年は初の試み、モニターを使ってのセミナーとなりました。秘蔵写真も披露。

村田基氏のセミナーには今年もたくさんのお客さんでいっぱいでした。

石川優美子さんのトラウトセミナー わかりやすい丁寧な説明で大好評でした。

大阪会場にはメバル番長、メバキャロの発案者Pockinさんこと辻本氏も来場。

熱心に新製品の説明をするバグリーのオーナー、マイク・ローガン氏。

今年で50周年を迎えるバグリーからは新製品がいっぱい。

バグリープロスタッフでB.A.S.S.トッププロのトミー・マーティン氏が来阪。

ネイちゃんとの2ショットです。

気軽にサイン、質問に応えるトミーさん

急遽、トミー・マーチン氏のセミナーも行なわれました。

準備不足で伝わらなかったことが多かったと思います。

いろいろと話を聞いたので、セミナーの内容と合わせて後日、報告したいと思います。

このセミナーを聞いていた人、すみませんでした。

東京、大阪、両会場とも
たくさんのご来場ありがとうございました。
来年またお会いしましょう!