■イベントレポート:
 アメリカ最大のフィッシングタックルショー“ICAST 2006
OFT トップページヘ


ICAST 2006 公式サイト
[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 ]


LEVERRAGE:新しくプラドコ社の傘下に



先ほどのブギーベイトの説明を読んであれ?と思った方もいると思います。

そう、先ほど説明した「レバレッジ・フレキシブルフックシステム」は名前の通り、「レバレッジ」というワイヤーベイト&ジグメーカーのパテントです。

そのパテントがなぜBOOYAHの商品に???と思っていたら、レバレッジのルアーが展示。

内藤さんに聞いたところ、今年から新しくプラドコ社の傘下になったそうです。

プラドコ社にはすでにBOOYAHというワイヤーベイト&ジグのブランドがあるので、そのシステムを搭載した新製品をBOOYAHから発表。

レバレッジというブランドは無くなっていく予定だそうです。

今後無くなっていく予定の「レバレッジ」ですが、プラドコ社には若干の在庫があるそうです。

特に面白いなと思ったのがこのツインブレードバズ。

ブレードを2つつけることにより、極限までゆっくり水面をリトリーブできるので、なかなか水面に出きらない魚にも強烈にアピールします。

レバレッジの商品はオフトからも販売する予定です。

数に限りがあると思いますが、詳細がわかり次第、ホームページ上でもご案内いたします。

最寄のパワーブランドショップ様にお問い合わせください。

アメリカでは超ド定番!
BOOYAH:バックテールジグ


BOOYAH バックテールスピナー


今年、私が試してみようと思っているのがBOOYAHのバックテールジグバックテールスピナー

日本では馴染みが薄い、というかほとんど使われていないと言っていいバックテールですが、アメリカでは超ド定番。

ショップに行くと多くのバックテールジグやスピナーベイトを見かけます。

前々から試してみようとは思っていたのですが・・・。

中途半端にしか使ったことがなかったので、BOOYAHから新製品として出たこの機会に、本腰をいれて試してみようと思います。

バックテールは直線的な動きを得意としているので特にスモールマウスに有効だと言われています。

また低水温期の定番だそうです。


BOOYAH:カウンターストライクバズ
バズベイトの最大の特徴はブレードの回転方向により、左回転はリトリーブすると左(アングラーから見ると右)へ、右回転は右へと寄ってきます。

そのトルクを有効に使えばよりタイトに障害物を攻略することができます。

そのバズベイトにおいて弊社から発売しているエクスキャリバー・プロバズベイトはヒロ内藤氏も溺愛するほどの完成度を誇っています。

しかし、状況によってはこのトルクが邪魔をし、狙いどおりリトリーブできない場面もでてきます。

そこで今回、BOOYAHから発売されるカウンターストライクバスがラインナップに加われば更に釣りの完成度が高まること間違いなしです。

このカウンターストライクバズですが、前後のブレードが逆回転するため、ストレートにリトリーブすることができます。

それによりウイードエリアなどで、狙いどおりのラインにルアーを通してやることができるのです。

プラドコブースでボビーマレー氏を発見。
彼にBOOYAHのカウンターストライクバズについて聞いたところ面白い使い方を教えてくれた。

それはこのバズベイトの、まっすぐリトリーブでき、浮き上がりが早く根掛りしにくいヘッド形状、さらにカウンターブレードにより高速リトリーブしてもルアーが傾かないという特徴を利用し、完全にサーチベイトとして使用するのだと言う。

広大なウイードエリアで広範囲を超高速リトリーブでチェックしていく。

効率を上げるため根掛りをしないようにフックポイントにはワームを被せてやるそうだ。

さらに大げさに言えばバスの存在を確認するだけなのでフックは無くてもいいそうだ。

超高速リトリーブでサーチしていき、水面にモワっとバスの反応が見れたらそこにYUMディンガーなどのプラスチックワームを投入してやり釣って行く。

この釣り方で何度も良い思いをしたそうです。

う〜ん スゴイ!
なるほどね。
琵琶湖でぜひ試してみたいと思う。


[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 ]