■イベントレポート:
 アメリカ最大のフィッシングタックルショー“ICAST 2007
OFT トップページヘ


ICAST 2007 公式サイト
[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 ]


YUMからも面白い新製品がいっぱいです。

今年のYUMは違いますよ!!



YUM:テリー・スクロギンスがデザイン

なぜ違うのかって言うと。YUMは今年、多くのプロと契約。

その一人、若手注目株のビッグショーことテリー・スクロギンスがデザインしたワームが発売されるからです。



YUM:ビッグショーパドル

テリー・スクロギンスデザイン「ビッグショーパドル」です。

サイズは6インチ、7.5インチ、10インチの3サイズ。

最近、アメリカで流行っているシェイキーヘッドとの組み合わせで使うためにデザインされたワームです。

6インチと7.5インチはシェイキーヘッドで、10インチはテキサスでの使用がお勧めです。

私は10インチに惹かれてしまいました。

琵琶湖やリザーバーで活躍しそうな予感。

シェイキングでのワームの動きにこだわり、ボディーにテーパーがかかっています。

ボディーの幅は変わりませんが薄くなっているため、小刻みな動きが出せるようになっています。


アメリカで流行中のシェイキーヘッドとのコンビネーション

シェイキーヘッドはバグリー社製のものです。



YUM:ドゥージー



チューブワームにお世話になった方は多いと思います。

今ではめっきり使う人が少なくなってしまったチューブワームですが、ホップさせた時のイレギュラーな動きはバスに効果絶大です。

また、すり抜けもいいのでフリッピングでも使いやすいワームです。

YUMからは今年、ロングチューブワーム「ドゥージー」が発売されます。

チューブワーム好きな方の中には、大物を釣るためにチューブワームを改造して、切ってくっ付けたりして長いチューブワームを作って使ったことのある方がいると思います。

私も昔よくやりました。
その面倒な作業をなくしたのがこの「ドゥージー」です。

6インチと8インチの2サイズがラインナップされています。



YUM:ビックショークロー

これもテリー・スクロギンスがデザインした「ビックショークロー」です。

パンチングと呼ばれる1オンスクラスのヘビーウエイトで、ベジテーションなどのヘビーカバーを突き抜いていく釣りに使うためにデザインされたワームです。

ボディーはヘビーカバーのすり抜けを重視したデザイン、リブは水を押し強くアピールするように作られています。

爪の根元がテーパー状に細くなって取り付けられているため、着底した時の爪のアクションにもこだわった作りになっています。

フロリダ在住でベジテーションの多いフロリダの湖で釣りをしてきた彼ならではのアイデアが詰め込まれたワームです。


これは(147)BIG O CRAWというカラーです。

BIG Oとはフロリダにあるレイクオキチョビのことで、この湖で定評のあるご当地カラーです。

表はグリパン、裏はブルーのラメがぎっしり詰まっています。

聞いたところ、どうやらオキチョビにこのような色をしたザリガニがいるわけではないようです。

どうしてこの色がオキチョビをはじめとしたフロリダの湖で流行しているのか気になりますね〜



YUM:フディーニクラブ

YUMの新製品「フディーニクラブ

アメリカではシュリンプテールのワームは、ソルト用として非常に人気が高いワームです。

今までのシュリンプテールのワームと違うのは、左右にウイングを取り付けてカニをイミテートしているところです。

このウイングは切り離せるようになっているので、切り離せば通常のシュリンプテールとしても使うことが出来ます。


YUM:トラウト・クリラ

トラウト・クリラ」はアメリカでは非常によく使われているトラウト用の練エサです。

バス釣りをする方もタックルボックスに一つ入れておけば、自由に形を変えられるので、バスはもちろんブルーギルやキャットフィッシュを釣ったりして楽しむことができます。


[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 ]