■イベントレポート:
 アメリカ最大のフィッシングタックルショー“ICAST 2007
OFT トップページヘ


ICAST 2007 公式サイト
[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 ]


ボーマー:ソルトシリーズが発表

ボーマーからはソルトシリーズが発表されていました。

海をイメージしたブルーのロゴとパッケージで来年の1月に発売開始となるそうです。

発売はまだ先なのでさらっと紹介していきたいと思います。


ソルトシリーズのパッケージです。

ブルーのパッケージがかっこいい!!



ボーマー:ペンシルポッパー

コーデル社のペンシルポッパーが新色も加わり、ボーマーブランドで発売されるそうです。

プラドコ社のルアーで、ソルトでよく使われているルアーは、ボーマーのソルトシリーズに加わるみたいです。

このペンシルポッパーですが、私が手に持っているC66はバスにお勧めです。

使ったことのない方は、ぜひ使ってみてください。

今まで色数の少なかったのですが、色数も増えるみたいです。

少し大きいと思うかもしれませんが、全然問題ありません。

甲高いラトル音とスプラッシュを上げながらのドッグウォークは、アピール力抜群で、特にでかいバスに効きます。

アメリカでは、春先のトーナメントで、上位入賞者のほとんどがこのペンシルポッパーを使っていたこともあり、人気の高いトップウォーターです。



ボーマー:こんな新製品も


こんな新製品も発売されるそうです。

日本では何に使えるかな・・・


ボーマー:ロングAもソルト用のカラー



ロングAもソルト用のカラーが増えNEWパッケージで登場するそうですが、これを見ているとシーバスはもちろん、バスでも使いたくなるようなカラーがラインナップされています



ボーマー:ロングA・B15Aの新色「ボーンカラー」

これはロングA・B15Aの新色「ボーンカラー」です。
ミノーのウェイキング用のカラーです。

今春、マーク・デイビスがロングA(15A)のウェイキングで優勝したことより、このテクニックがたちまち脚光を浴びるようになりました。

ウェイキングで使うにはどのカラーでも良いという訳ではなく、多くのプロ達はクロームメッキのものしか使いません。

なぜか?というとクロームメッキのロングAは浮力の高いボーン素材が使われているからです。

(重要) さらに彼らは少しでも浮力を増すためにメッキを剥いでボーンむき出しのロングAを作りウェイベイトとして使っています。

中でもXMKOカラーは人気で、プロ達は、赤目を残して削りアピール度を高めていました。

削って使っているのならと言うことで発売されたのがこのカラーです。


[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 ]