■イベントレポート:
 アメリカ最大のフィッシングタックルショー“ICAST 2007
OFT トップページヘ


ICAST 2007 公式サイト
[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 ]


バグリーブース

バグリー:今年の目玉はコレ!「ジム・バグリーズ・ビッグB」


パッケージは1970年代当時のパッケージを再現。

バグリーの今年の目玉はコレ!「ジム・バグリーズ・ビッグB

今回のICASTでも、注目されていたルアーの一つです。私も早く使ってみたい!!

バルサBは、1973年にジム・バグリー氏が作りだし、年代と共に少しずつ形が変わって販売されてきました。

最近では、生前のジム・バグリー氏のアドバイスを基に、2004年にオリジナル・バルサBを発売。

同年のB.A.S.S.バスマスターズクラシックのウイニングルアーに輝くなど、多くのプロアングラーに愛用されているシャロークランクの一つとなっています。

このオリジナル・バルサBですが、1970年代にジム・バグリー氏が作ったバルサBを基に、彼のアドバイスとバグリーの開発チーム、そしてバグリー・プロスタッフの共同作業で完成したのですが、もっと浮力を持たせたいなどのプロスタッフの意見も取り入れ、1970年代のバルサBより、少しファットな作りになっています。

今回のジム・バグリーズ・ビッグBは、1970年代にジム・バグリー氏が作ったバルサBを忠実に再現。

ふっくらとしたボディーを持たせつつ、サイドは水を強く押すようにフラットな作りになっています。


カラーは全4色。

バルサBが発売された当時にラインナップされていた色です。


これはB3です。
釣れそう・・・早く使いたい!!



バグリー:シェイキーヘッド

アメリカのトーナメントで流行中のシェイキーヘッド

バグリーのシェイキーヘッドは非常に使いやすいデザインになっています。


底でワームが立つようにデザインされたフラットボトム。

ストレートワームがセットしやすいロングシャンク、フラットアイ(横アイ)のフックを使用。

ワームがずれにくいフックキーパーも付いていて非常に使いやすそうです。



バグリー:ベイトフィッシュ



昨年、発売されたトップガンシリーズのリップレスクランクベイト「ベイトフィッシュ

アメリカでは売れ行きが好調らしく、色数がかなり増えていました。

湖が広大ということもあり、手返しよく広く探れるリップレスクランクベイトの需要は日本に比べかなり高いようです。



バグリー:サスペンディング・キラーB

こちらはトップガンシリーズの第2弾。「サスペンディング・キラーB」です。

バグリー・プロスタッフからの要望により、何度もバルサボディーのサスペンディング・キラーBを作ってきました。

しかし、バルサを使用してのサスペンドモデルは、ウエイトのコントロールが難しく、プロスタッフのために数個作るのには問題ないのですが、数多く作ることは非常に困難なモデルでした。

「じゃあプラスチックで作ろう。もちろんトーナメントで使えるグレイドの物を」ということで開発を進め、出来たのがこのサスペンでイング・キラーBです。



バグリー:ブロークンバック・ウエイキン・マレット

アメリカのトーナメントでは、ミノーを使ったウエイキングが流行りの一つですが、そのウエイキング用ミノーとして新発売されるのがこの「ブロークンバック・ウエイキン・マレット」です。

このショーの直前に出来たばっかりのプロトだそうです。

ワイヤースルーになっているので、ソルトの大物にも対応しているそうです。

サイズは3-1/2"と4"の2サイズを予定しているそうです。

右が「ブロークンバック・ウエイキン・マレット」。

左は「ベイトフィッシュ」のNEWサイズ、その名も「ビッグゲームフィッシュ」。

その名の通りフレッシュ&ソルトウォーターの大物をターゲットにした大きいサイズです。

全長4-3/4"、ウエイト2-1/4ozとなっています。



バグリー:トップガン

バグリーのプラスチックインジェクションのシリーズ名にもなっているトップガン


[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 ]